サーチュイン遺伝子測定

概要

本試験は、ヒトのサーチュイン遺伝子「SIRT1」の発現量を調べる試験です。

<サーチュイン遺伝子とは>

テロメアは染色体の末端に存在しDNAを保護していますが、細胞分裂の度に短くなり、やがてDNAを守ることができなくなります。

長寿遺伝子として知られる「サーチュイン;SIRT1 (sirtuin (silent mating type information regulation 2 homolog) 1)」は、このテロメアが短縮するのを抑える働きがあります。 そのため、サーチュインが活性化することで細胞の寿命を延ばすことができると考えられています。

また、サーチュイン遺伝子は様々な臓器における炎症反応や代謝、ミトコンドリアなどに作用しており、老化に影響を与える重要な役割を果たすことから、サーチュイン遺伝子のアンチエイジング効果が期待されています。

サーチュイン活性化作用

サーチュイン遺伝子は誰もが持っている遺伝子ですが、普段は眠っている状態です。食事のカロリー制限によりスイッチがオンになり、働き出すと言われています。食事のカロリー制限の他に、運動やレスベラトロールの摂取でSIRT1 mRNA、タンパク質の発現量が増加することが報告されています。

測定

 ① 血液を採取します。
 ② 全血からRNAを抽出します。
 ③ RNAの濃度および品質をチェックします。
 ④ RNAからcDNAを合成します。
 ⑤ cDNAをテンプレートとして、サーチュイン遺伝子と内部標準遺伝子(β-actin)
    のmRNA発現量を定量します。

 * サイバーグリーンを用いたインターカレーター法にて検出します。
 * 本試験は三重測定を行います。
 * サーチュイン遺伝子と内部標準遺伝子(β-actin)とのmRNA発現量の比を
   ご報告致します。

本試験ではBIO-RAD社製CFX384 TouchTMリアルタイムPCR解析システムを使用しております。

リアルタイムPCR解析システム
※BIO-RAD社のホームページより抜粋した図を引用させて頂いております。

試験例

Q&A

Q: サプリメントを何日間摂取すればSIRT1 mRNAの発現量が変化しますか?
A: 被験者やサプリメントにもよりますので一概には言えませんが、レスベラトロールの摂取を8週間あるいは25%カロリー制限を7週間継続したらSIRT1 mRNAの発現量が増加したとの報告がありますので、8週間以上をお勧めします。
Q: 試験費用はいくらですか?
A: 測定回数や測定項目、試験期間により異なります。御見積を作成しますので、一度ご連絡ください。
Q: 結果はどのような形でもらえますか?
A: 数値データ(Excelファイル)と報告書を納品します。
Q: 同時に他の遺伝子も測定できますか?
A: PCRプライマーおよび解析プロトコルをご指定いただければ測定可能です。遺伝子だけではなく、サイトカイン測定やNK活性測定、各種血液検査も同時に実施可能です。お気軽にご相談ください。

参考文献

1. Howitz KT et al. "Small molecule activators of sirtuins extend Saccharomyces cerevisiae lifespan." Nature. 2003 Sep 11;425(6954):191-6.
2. Crujeiras AB et al. "Sirtuin gene expression in human mononuclear cells is modulated by caloric restriction." European Journal of Clinical Investigation. 2008 Sep;38(9):672-8.
3. Draznin B et al. "Effect of dietary macronutrient composition on AMPK and SIRT1 expression and activity in human skeletal muscle." Hormone and Metabolic Research. 2012 Sep;44(9):650-5.
4. Pedersen SB et al. "Low Sirt1 expression, which is upregulated by fasting, in human adipose tissue from obese women." International Journal Obesity London. 2008 Aug;32(8):1250-5.
5. Timmers S et al. "Calorie restriction-like effects of 30 days of resveratrol supplementation on energy metabolism and metabolic profile in obese humans." Cell Metabolism. 2011 Nov 2;14(5):612-22.
6. Palacios JA et al. "SIRT1 contributes to telomere maintenance and augments global homologous recombination. " The Journal of Cell Biology. 2010 Dec 27;191(7)
7. Lavu S et al. "Sirtuins--novel therapeutic targets to treat age-associated diseases." Nature Reviews Drug Discovery. 2008 Oct;7(10):841-53.
8. Kitada M et al. " Calorie restriction in overweight males ameliorates obesity-related metabolic alterations and cellular adaptations through anti-aging effects, possibly Inc.luding AMPK and SIRT1 activation.” Biochim Biophys Acta. 2013 Oct;1830(10):4820-7.

当社では、「測定のみ」から「被験者募集・ヒト試験実施」までトータルにご提案およびサポートを致します。
まずは一度電話・FAX、またはメールによりご相談下さい。

事業内容

臨床試験 検査・測定

メニュー

NK細胞活性低値者試験抗アレルギー作用評価試験日本香粧品学会ガイドライン準拠抗シワ評価試験 ECLマルチプレックスアッセイ高感度タンパク質定量 長寿遺伝子検査(サーチュイン) 食品分析サービス 一般の方向け テロメア検査 サーチュイン検査
会員登録