NK細胞活性

NK細胞活性

対象 ヒト
測定項目

基本測定

通常時NK細胞活性
IL-2添加時NK細胞活性
OK-432添加時NK細胞活性

オプション測定

食品抽出物添加時NK細胞活性
※1食品サンプルから測定可能です。
検体 全血 14 ml / 名※詳細はお問い合わせ下さい。
測定方法 ヒト末梢血単核球細胞が癌細胞(Eu3+標識)※をどの程度傷害しうるか
を測定します。 ※慢性骨髄性白血病由来K562株
説明 NK細胞活性測定は基本測定の下記項目と、ご希望に応じて食品素材抽出物

添加時の活性を測定致します。
基本測定はご希望に応じて通常時NK細胞活性のみの測定も可能です。

基本測定

通常時NK細胞活性
IL-2添加時NK細胞活性
OK-432添加時NK細胞活性

IL-2は体内で産生されるサイトカインの1種であり、NK活性を上昇させることが知られています。また、OK-432はNK活性上昇に関与する種々のサイトカインの産生促進物質です。これらは単に陽性対照物質としての役割だけでなく、これらによる活性の上昇をみることでNK細胞の応答性を確認する目的があります。

オプション測定

食品素材の効果を in vitro試験で検討したい場合は、分離した単核球細胞画分へ食品素材抽出液を添加・培養し、NK細胞活性を測定いたします。
抽出方法・添加濃度はご指定下さい。ただし、事前試験にて測定する抽出液中のエンドトキシン濃度が高値である場合、ご希望の添加濃度で添加できない場合がございます。この事前試験により添加濃度決定後、本試験を開始いたします。本試験が不可能な場合は、事前試験分の費用のみ頂きます。

備考

検体は室温にて保存し、24時間以内の到着をお願いします。
E/T比※は 20:1,40:1 の2種類にて測定します。

※NK細胞を含む Effector Cells(=単核球細胞)とNK細胞に
傷害される Target Cells(=腫瘍細胞)の比率。

弊社で被験者募集から受託可能です。
費用を安価に抑えたい場合、御社で被験者を募集され、血液検体だけお送り頂く場合でも受託可能です。その際は専用の真空採血管と温度管理可能な血液運搬ボックスを無料で貸出しいたします(送料のみご負担下さい)。

当社では、「測定のみ」から「被験者募集・ヒト試験実施」までトータルにご提案およびサポートを致します。
まずは一度電話・FAX、またはメールによりご相談下さい。

事業内容

臨床試験 検査・測定

メニュー

NK細胞活性低値者試験抗アレルギー作用評価試験日本香粧品学会ガイドライン準拠抗シワ評価試験 ECLマルチプレックスアッセイ高感度タンパク質定量 長寿遺伝子検査(サーチュイン) 食品分析サービス 一般の方向け テロメア検査 サーチュイン検査
会員登録