高感度タンパク質定量

概要

ECL法(電気化学発光法)による高感度イムノアッセイを行います。

使用機器:QuickPlex SQ 120(MSD製)

ECL法

ECL法(電気化学発光法 ; Electrochemiluminescence)とは、標識物質を電気化学的刺激により発光させ、その発光量を検出することでターゲット量を算出するアッセイ法です。

ECL法は従来のELISA法と同様に抗原抗体反応を利用したイムノアッセイですが、ELISA法と比較して様々なメリットがあるプラットフォームです。

ECL法のメリット

● 高感度
● 幅広いダイナミックレンジ
● 生体試料中の夾雑物の影響が小さい
● 同時多項目解析可能(マルチプレックスアッセイ)

評価項目

■単項目(シングルプレックス)

 下記の中から1項目お選び下さい。


 Human
  ・IL-1α ・IL-1β ・IL-2 ・IL-4 ・IL-5 ・IL-6
  ・IL-7 ・IL-8 ・IL-8(HA) ・IL-10 ・IL-12p70 ・IL-12/IL-23p40
  ・IL-13 ・IL-15 ・IL-16 ・IL-17A ・TNF-α ・IFN-γ
  ・GM-CSF ・VEGF ・TNF-β ・MCP-1 ・MCP-4 ・Eotaxin
  ・IP-10 ・MDC ・Eotaxin-3 ・TARC ・MIP-1α ・MIP-1β
 

 Mouse
  ・IL-1β ・IL-2 ・IL-4 ・IL-5 ・IL-6
  ・IL-10 ・IL-12p70 ・KC/GRO ・IL-12p40

 Rat
  ・IL-1β ・IL-2 ・IL-4 ・IL-5 ・IL-6
  ・IL-10 ・IL-12p70 ・KC/GRO ・IL-12p40


■複数項目(マルチプレックス)

  Pro-inflammatory Panel 1 (Human)

  ・IL-1β ・IL-2 ・IL-4 ・IL-6 ・IL-8
  ・IL-10 ・IL-12p70 ・IL-13 ・TNF-α ・IFN-γ


  Cytokine Panel 1 (Human)

  ・GM-CSF ・IL-1α ・IL-5 ・IL-7 ・IL-12/IL-23p40
  ・IL-15 ・IL-16 ・IL-17A ・TNF-β ・VEGF


  Chemokine Panel 1 (Human)

  ・Eotaxin ・Eotaxin-3 ・MIP-1α ・MIP-1β ・TARC
  ・IP-10 ・IL-8(HA) ・MCP-1 ・MCP-4 ・MDC


  Pro-inflammatoryⅠ (Human)

  ・IL-1β ・IL-6 ・TNF-α ・IFN-γ


  Pro-inflammatoryⅡ (Human)

  ・IL-1β ・IL-6 ・IL-8 ・TNF-α


  Cytokine 30-Plex (Human)

  ・IL-1α ・IL-1β ・IL-2 ・IL-4 ・IL-5 ・IL-6
  ・IL-7 ・IL-8 ・IL-8(HA) ・IL-10 ・IL-12p70 ・IL-12/IL-23p40
  ・IL-13 ・IL-15 ・IL-16 ・IL-17A ・TNF-α ・IFN-γ
  ・GM-CSF ・VEGF ・TNF-β ・MCP-1 ・MCP-4 ・Eotaxin
  ・IP-10 ・MDC ・Eotaxin-3 ・TARC ・MIP-1α ・MIP-1β


  Pro-inflammatory Panel 1 (Mouse)

  ・IL-1β ・IL-2 ・IL-4 ・IL-5 ・IL-6 ・IL-10
  ・IL-12p70 ・TNF-α ・IFN-γ ・KC/GRO


  Pro-inflammatory Panel 1 (Rat)

  ・IL-1β ・IL-2 ・IL-4 ・IL-5 ・IL-6 ・IL-10
  ・IL-13 ・TNF-α ・IFN-γ ・KC/GRO


当社では、「測定のみ」から「被験者募集・ヒト試験実施」までトータルにご提案およびサポートを致します。
まずは一度電話・FAX、またはメールによりご相談下さい。

事業内容

臨床試験 検査・測定

メニュー

NK細胞活性低値者試験抗アレルギー作用評価試験日本香粧品学会ガイドライン準拠抗シワ評価試験 ECLマルチプレックスアッセイ高感度タンパク質定量 長寿遺伝子検査(サーチュイン) 食品分析サービス 一般の方向け テロメア検査 サーチュイン検査
会員登録