抗アレルギー作用評価試験

抗アレルギー作用の評価(in vitro 試験)

多くのアレルギー反応では、最初にアレルゲンに接した際に免疫グロブリンE(IgE)がつくられ、これが好塩基球や肥満細胞に結合します。
アレルゲンとの最初の接触ではアレルギー症状は起こりません。
その後、再度アレルゲンに接すると、表面にIgEをもつ好塩基球や肥満細胞がヒスタミン、ロイコトリエン等の物質を放出し、アレルギー症状を引き起こします。
この試験では、これらの物質の産生に対する阻害活性を測定し、抗アレルギー作用を評価します。

ロイコトリエン遊離阻害試験

対象/検体  培養細胞 (ヒト前骨髄球性白血病細胞 HL-60)
測定項目  ロイコトリエン
試験物質  薬剤、食品素材、食品抽出物等
測定方法  ヒト前骨髄球性白血病細胞 HL-60を好中球様に分化させ、カルシウム
 イオノフォア刺激により、ロイコトリエンを産生させます。この時、目的の
 試験物質を同時に添加し、ロイコトリエン産生への影響を評価します。
 ロイコトリエン量は、ロイコトリエンC4, ロイコトリエンD4, ロイコトリエンE4
 を ELISAにて測定します。
説明  ロイコトリエンは、アレルギー性の炎症反応などに重要な役割を果たす
 化学伝達物質のひとつで、アレルゲンにより刺激された白血球や肥満
 細胞から放出され、アレルギー症状を引き起こします。
備考  多種の試験物質の抗アレルギー作用のスクリーニングにおすすめします。

ヒスタミン遊離試験

対象/検体  ヒト全血 (冷蔵便にて24時間以内の到着をお願いします)
  ※試験物質に対するアレルギー保持者の血液(EDTA採血)
測定項目  ヒスタミン
試験物質  食品素材、食品抽出物等
  (溶解性等の確認のため、血液検体の送付より事前にご提出下さい)
測定方法  目的の試験物質に対してアレルギーのある被験者の血液から好塩基球
 を含む白血球分画を採取し、試験管内でアレルゲン(試験物質)と反応
 させ、上清中に遊離するヒスタミン量を定量します。
説明  ヒスタミンは、好塩基球や肥満細胞の表面レセプター上のIgEとアレル
 ゲンとの反応により遊離し、即時型アレルギーを引き起こします。
備考  この試験には、試験物質に対してアレルギーを持つ被験者血液が必要
 です。被験者の募集は御社にてお願いいたします。

当社では、「測定のみ」から「被験者募集・ヒト試験実施」までトータルにご提案およびサポートを致します。
まずは一度電話・FAX、またはメールによりご相談下さい。

事業内容

臨床試験 検査・測定

メニュー

NK細胞活性低値者試験抗アレルギー作用評価試験日本香粧品学会ガイドライン準拠抗シワ評価試験 ECLマルチプレックスアッセイ高感度タンパク質定量 長寿遺伝子検査(サーチュイン) 食品分析サービス 一般の方向け テロメア検査 サーチュイン検査
会員登録