免疫能と発がん率

免疫能(NK細胞活性)と発がん率

免疫能と発がん率

上のグラフは、埼玉県立がんセンターが男女約3,500人について、NK細胞活性と発がん率の関係を11年にわたり追跡調査した結果を参考にしたものです。
被験者のNK細胞活性を高・中・低の3グループに分け、各グループでその後の発がんの有無を調べた結果、男女共にNK細胞活性が低いグループは、高・中のグループに比べてがん罹患率が高く、調査終了時には男性で約1.4倍、女性で約1.7倍ガンに罹りやすいことがわかりました。
このことからも、NK細胞活性を上げることは、がんのリスク低減に効果があるのではないかと考えられます。

Imai, K.ら、Natural cytotoxic activity of peripheral-blood lymphocytes and cancer Inc.idence: an 11-year follow-up study of a general population, The LANCET, V356(9244): 1795-1799, 2000より改変 (Elsevier社より許可を得て掲載)

事業内容

臨床試験 検査・測定

メニュー

NK細胞活性低値者試験抗アレルギー作用評価試験日本香粧品学会ガイドライン準拠抗シワ評価試験 ECLマルチプレックスアッセイ高感度タンパク質定量 長寿遺伝子検査(サーチュイン) 食品分析サービス 一般の方向け テロメア検査 サーチュイン検査
会員登録