ストレスマーカー

ストレスマーカー

精神的・肉体的ストレスは免疫系に影響を与えることが知られています。
NK活性と併せて測定することにより、NK活性変動の作用機序を推測することも可能です。

コルチゾール

対象  ヒト
測定項目  コルチゾール
検体  血清 0.5 ml (凍結後、冷凍便で送付下さい)
 血漿 0.5 ml (凍結後、冷凍便で送付下さい)
測定方法  CLEIA法 (外部委託)
説明  コルチゾールは副腎皮質刺激ホルモンの作用により副腎皮質束状層から
 分泌される代表的なグルココルチコイドで、心理的・身体的ストレスの1つ
 の指標として考えられています。また、コルチゾールはNK細胞などの免疫
 作用を抑制することが認められています。
備考  コルチゾールの分泌は概日リズムを持つため、複数回測定を希望される
 場合は、採血時間を一定にすることをお奨めします。

カテコールアミン(3分画)

対象  ヒト
測定項目  アドレナリン, ノルアドレナリン, ドーパミン
検体  血漿 1.1 ml (凍結後、冷凍便で送付下さい)
測定方法  HPLC法 (外部委託)
説明  カテコールアミンは主に脳、副腎髄質および交感神経に存在する生体アミン
 の総称で、生体内ではアドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンの3種が知
 られています。アドレナリンとノルアドレナリンはストレス反応の中心的役割
 を果たし、ドーパミンは快楽の感情、意欲などに関わると考えられています。
備考  カテコールアミンの分泌は概日リズムを持つため、複数回測定を希望
 される場合は、採血時間を一定にすることをお奨めします。

SOD

対象  ヒト
測定項目  SOD (スーパーオキサイドディスムターゼ)
検体  血清 0.5 ml (凍結後、冷凍便で送付下さい)
測定方法  NBT還元法 (外部委託)
説明  テトラゾリウム塩の還元反応を利用して、検体中のSOD活性を測定します。
 SODは活性酸素の一種(O2-)を分解する酵素で、ストレス等により過剰
 に発生した活性酸素に対する生体防御において重要な役割を果たしている
 と考えられています。
備考  溶血した検体は測定できません。

8-OHdG

対象  ヒト
測定項目  8-OHdG (8-ヒドロキシデオキシグアノシン)
検体  血清 0.5 ml (凍結後、冷凍便で送付下さい)
測定方法  ELISA法
説明  8-OHdGは活性酸素種によりDNAが酸化損傷を受けて生成される物質の
 1つで、酸化ストレスを反映するバイオマーカーです。酸化ストレスとは、
 生体内における活性酸素種と抗酸化システムのバランスが崩れ、酸化反応
 が優位になっている状態と定義されています。
備考  溶血した検体は測定できません。

当社では、「測定のみ」から「被験者募集・ヒト試験実施」までトータルにご提案およびサポートを致します。
まずは一度電話・FAX、またはメールによりご相談下さい。

事業内容

臨床試験 検査・測定

メニュー

NK細胞活性低値者試験抗アレルギー作用評価試験日本香粧品学会ガイドライン準拠抗シワ評価試験 ECLマルチプレックスアッセイ高感度タンパク質定量 長寿遺伝子検査(サーチュイン) 食品分析サービス 一般の方向け テロメア検査 サーチュイン検査
会員登録